人こそ人の鏡

【読み】 ひとこそひとのかがみ
【意味】 人こそ人の鏡とは、他人の言動は鏡に自分をうつす鏡のようなものであるから、他人を見て自分を改める参考にせよということ。

【人こそ人の鏡の解説】

【注釈】 鏡に自分の姿をうつして正すように、他人の言動は自身を正すのによい手本になるということ。
『書経』に「人は水に鑑みること無く、当に民に監みるべし(水鏡に自分をうつして見ることをせず、人民の声によって我が身を反省するのがよい)」とあるのに基づく。
【出典】 『書経』
【注意】
【類義】 殷鑑遠からず他山の石他山の石以て玉を攻むべし/人の上見て我が身を思え/人の振り見て我が振り直せ/人を鑑とせよ/人を以て鑑と為す
【対義】
【英語】 Every man's neighbour is his looking-glass.(隣人は鏡である)
【用例】 「人こそ人の鏡というから、悪口を言うのではなく、自分を省みるきっかけにしよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス