人を見たら泥棒と思え

【読み】 ひとをみたらどろぼうとおもえ
【意味】 人を見たら泥棒と思えとは、他人をうかつに信用しないで、いったんは疑ってかかれということ。

【人を見たら泥棒と思えの解説】

【注釈】 他人を軽々しく信用せず、まずは相手が泥棒だと疑ってかかるくらい用心しろということ。
【出典】
【注意】
【類義】 明日は雨他人は盗賊/明日は雨他人は泥棒/人は盗人火は燃亡/人を見たら鬼と思え/火を見たら火事と思え
【対義】 浮き世に鬼はない/地獄にも鬼ばかりはいない/七度尋ねて人を疑え渡る世間に鬼はなし
【英語】 They that think none ill are soonest beguiled.(誰も悪く思わぬ人はすぐ騙される)
Man is a wolf to man.(人間は人間にとって狼)
Give not your right hand to every man.(誰彼かまわずむやみに手を出すな)
He that trusts to the world is sure to be deceived.(世間を信用する者は必ず欺かれる)
【用例】 「初めて行く場所で知らない人に話しかけられたら、いい人そうに見えても軽々しくついていってはだめだぞ。特に知らない国に行ったときは、人を見たら泥棒と思えだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス