人を見て法を説け

【読み】 ひとをみてほうをとけ
【意味】 人を見て法を説けとは、人に何かを説いたり諭したりするときは、相手の性格や気質を考慮して、適切な言い方をすることが必要だという教え。

【人を見て法を説けの解説】

【注釈】 釈迦が仏法を説くにあたり、相手の気質や状況などを考えて、それぞれにあったやり方で行ったという説話から。
「人」は「にん」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 機に因りて法を説け/座を見て法を説け/人見て使え
【対義】
【英語】 Cleave the log according to the grain.(木目に応じて丸木を割れ)
All meat pleases not all mouths.(すべての肉がすべての人の口に合うわけではない)
Beware what and to whom you speak.(話の内容と話しかける相手に注意せよ)
【用例】 「人を見て法を説けで、彼にも言った言葉を彼女に言ったら、彼女はやる気を出すどころか落ち込んでしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス