人の褌で相撲を取る

【読み】 ひとのふんどしですもうをとる
【意味】 人の褌で相撲を取るとは、他人のものを利用したり、他人に便乗したりして、利益を得ること。

【人の褌で相撲を取るの解説】

【注釈】 相撲を取るには褌がなくてはならないが、自分の褌がないならやめればよいのに、他人の褌を出させてそれを使い、うまいことする意味から。
他人のものを利用して、ちゃっかり自分の目的に役立てるずるさをあざけって言う。
「他人の褌で相撲を取る」ともいう。
「相撲」は「角力」とも書く。
【出典】
【注意】 「人から援助を受ける」という意味で使うのは誤り。
誤用例 「その分野に関しては知識も経験もないので、他部署から専門の人を派遣してもらい、人の褌で相撲を取ることになった」
【類義】 舅の物で相婿をもてなす/他人の賽銭で鰐口叩く/他人の念仏で極楽詣り/人の家で饗応する/人の牛蒡で法事する/人の太刀で功名する/人の提灯で明かりをとる/人の物で義理をする/貰い物で義理すます
【対義】
【英語】 One beats the bush, and another catches the birds.(一人が藪をたたき、もう一人が鳥を捕まえる)
To plough with another's calf.(他人の牛で耕作をする)
【用例】 「人の褌で相撲を取って利益を得ることばかり考えて、あんな会社はきっと長続きしないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス