人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し

【読み】 ひとのいっしょうはおもにをおうてとおきみちをゆくがごとし
【意味】 人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如しとは、人生は長く苦しいもので、努力と忍耐を怠らず一歩一歩着実に歩むべきだということ。

【人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如しの解説】

【注釈】 『徳川家康遺訓』冒頭の一節で、『論語』にある「任重くして道遠し」を基にしたことば。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 The world is a long journey.(この世は長い旅である)
The life of man is a winter's day and a winter's way.(人の一生は冬の日、冬の道である)
【用例】

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス