人と屏風は直ぐには立たず

【読み】 ひととびょうぶはすぐにはたたず
【意味】 人と屏風は直ぐには立たずとは、屏風は曲げないと立たないというのと同様に、人も時には妥協して自分の考えを適度に曲げなければ、世の中は渡れない。

【人と屏風は直ぐには立たずの解説】

【注釈】 屏風を折って立たせるように、人も正しいことだけを押し通すのではなく、自分の考えを曲げて他人と折り合いをつけなければ、上手く世渡りできないということ。
【出典】
【注意】
【類義】 商人と屏風は曲がらねば立たぬ/清水に魚棲まず/人至って賢ければ友なし/屏風と商人は直ぐには立たぬもの/曲がらねば世が渡られぬ/水至って清ければ則魚無し/水清ければ魚棲まず/水清ければ大魚なし
【対義】
【英語】
【用例】 「確かに君の言い分は正しい。しかし正論を振りかざすだけでは、みんなと仲良くやっていけないよ。自分の意見だけを押し通すことが、良いことではない。人と屏風は直ぐには立たずというだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス