人は見かけによらぬもの

【読み】 ひとはみかけによらぬもの
【意味】 人は見かけによらぬものとは、人の性格や能力は、外見だけではわからないということ。

【人は見かけによらぬものの解説】

【注釈】 人は外見とは違った意外な一面を持ち合わせているものであり、見た目だけでその人をわかることはできないという意味。
思いがけない才能や良さを見つけたときや、善人そうな人が実は悪者だった場合にも使われ、後者の場合に多く用いられる。
「人は見かけによらない」とも。
【出典】
【注意】 「人は見た目によらぬもの」というのは誤り。
【類義】 あの声で蜥蜴食らうか時鳥/馬と武士は見かけによらぬ/馬には乗ってみよ人には添うてみよ/人は上辺によらぬもの/人は知れぬもの/人は見かけに似ぬもの
【対義】
【英語】 Appearances are deceitful(deceptive).(外見は当てにならない)
All is not gold that glitters.(光るものが必ずしも黄金とは限らない)
【用例】 「彼はあんなに真面目で誠実そうなのに、浮気ばかりしているそうよ。人は見かけによらぬものとは言うけれど、本当ね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス