人を呪わば穴二つ

【読み】 ひとをのろわばあなふたつ
【意味】 人を呪わば穴二つとは、人に害を与えようとすれば、やがて自分も害を受けるようになるというたとえ。

【人を呪わば穴二つの解説】

【注釈】 他人に害を与えれば、必ず自分にかえってくるものである。
他人を呪い殺せば、自分も相手の恨みの報いを受けて呪い殺され、相手と自分の分で墓穴が二つ必要になることから。
「呪わば」は、動詞「呪う」の未然形に接続助詞「ば」が付いたもので、文語的な表現である。
「人を呪えば穴二つ」とも。
【出典】
【注意】 「人を呪わば墓二つ」というのは誤り。
【類義】 剣を使う者は剣で死ぬ/人を祈らば穴二つ/人を憎むは身を憎む/人を呪えば身を呪う/人を謀れば人に謀らる/人を傷る者は己を傷る
【対義】
【英語】 Curses, like chickens, come home to roost.(呪いはひよこがねぐらに帰るように我が身に返る)
Curses return upon the heads of those that curse.(呪いは呪う人の頭上に帰ってくる)
Harm watch harm catch.(災いに目を向けていると災いにあう)
【用例】 「理不尽なことをされて恨みたくなる気持ちも解るが、人を呪わば穴二つだ。嫌なことはもう忘れて、新しい人生を歩いていこう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス