百日の説法屁一つ

【読み】 ひゃくにちのせっぽうへひとつ
【意味】 百日の説法屁一つとは、長い間の苦労が、ちょっとしたことですべてぶち壊しになってしまうことのたとえ。

【百日の説法屁一つの解説】

【注釈】 百日間にも渡りありがたい説法を説き続けてきた坊さんが、おならを一つしたために、厳粛な雰囲気がこわれ、すっかりありがたみが無くなってしまうことから。
【出典】
【注意】
【類義】 磯際で船を破る/九仞の功を一簣に虧く/終身善を為し一言則ち之を破る/千日の行屁一つ/千日の行を一度に破る
【対義】
【英語】 One hour's cold will spoil seven years' warming.(一時間の寒さが七年間の暖房を台無しにする)
One ill condition mars all the good.(一つの悪い条件がすべての良い条件を損なう)
【用例】 「あれだけがんばってきたのに、百日の説法屁一つで信用を損なってしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス