瓢箪から駒が出る

【読み】 ひょうたんからこまがでる
【意味】 瓢箪から駒が出るとは、思いもかけないことや道理上ありえないことが起こること。また、冗談半分で言ったことが現実になること。

【瓢箪から駒が出るの解説】

【注釈】 ここでの「駒」は馬のことで、瓢箪のような小さい口から、馬のように大きいものが飛び出す意味から。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
「瓢箪から駒」とも。
【出典】
【注意】 予測が不可能ではない範囲のことが起きるときに使うのは誤り。
誤用例 「前日の大雪で交通事故がこんなに多く起きるとは、瓢箪から駒だ」
【類義】 嘘から出たまこと/虚は実を引く/冗談から駒/根もない嘘から芽が生える/灰吹きから蛇が出る/灰吹きから竜が上る
【対義】 瓢箪から駒も出でず
【英語】 Mows may come to earnest.(冗談で言ったことが本物になることがある)
【用例】 「入賞できればよいとは思っていたが、まさか本当に優秀賞を貰えるなんて、まさに瓢箪から駒だったよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス