煩悩の犬は追えども去らず

【読み】 ぼんのうのいぬはおえどもさらず
【意味】 煩悩の犬は追えども去らずとは、いくら追い払っても、人の煩悩はつきまとって離れないものであるたとえ。

【煩悩の犬は追えども去らずの解説】

【注釈】 煩悩は、ちょうど犬と同じように、人間にうるさくまとわりつく。
犬は追えば逃げるが、煩悩という名の犬は、払っても払っても離れないものであるということ。
「煩悩」とは、仏教の教義の一つで、人の心身を悩ませ苦しめる精神の働きのこと。
「煩悩の犬は打てども去らず」「煩悩の犬」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Ambition is the last affection a noble mind can put off.(野心というものは、高貴な精神の持ち主でもなかなか遠ざけることができない激情である)
【用例】 「私利私欲を捨て、世の中のために生きたいと願う自分がいる反面、実際は欲や迷いを捨て切れていない。煩悩の犬は追えども去らずというが、人間は弱い生き物だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス