棒ほど願って針ほど叶う

【読み】 ぼうほどねがってはりほどかなう
【意味】 棒ほど願って針ほど叶うとは、望みは大きくても、実際はほんのわずかしか叶わないものだということ。

【棒ほど願って針ほど叶うの解説】

【注釈】 棒ほど太くて大きな望みを持っていても、実際は針ほどの細く小さな願いしか叶えられない意味から。
世の中は願い通りにはいかないものだということと、願いが叶うのはわずかだから望みは大きく持つべきだという二つの教訓が含まれている。
【出典】
【注意】 「針小棒大」と混同して、ちょっとしたことを大げさに言うの意味で使うのは誤り。
誤用例 「棒ほど願って針ほど叶うで、彼女はいつでも事を大きくするような発言ばかりする」
【類義】 富士の山ほど願って蟻塚ほど叶う/富士の山ほど願って擂り鉢ほど叶う
【対義】
【英語】 Ask much to have a little.(少し得るために多く求めよ)
A man must ask excessively to get a little.(人はわずかな物を得るためにも、過大に求めなければならない)
【用例】 「棒ほど願って針ほど叶うというから、この程度の利益でも満足しておこう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス