亡羊の嘆

【読み】 ぼうようのたん
【意味】 亡羊の嘆とは、学問の道は多方面に分かれているので、真理に到達するのは難しいということ。転じて、方針がいくつもあって選択に迷うということ。

【亡羊の嘆の解説】

【注釈】 『列子・説符』にある以下の故事に基づく。
中国戦国時代、思想家の楊朱の隣家から羊が一匹逃げたとき、大勢の者が追いかけたが、道がいくつも分かれていたために、取り逃がしてしまった。
そのことに対して楊朱は、「学問の道もいくつもに分かれていて、真の道がわからなくなる」と嘆いたという。
【出典】 『列子』
【注意】 「亡羊」を「茫洋」と書くのは誤り。
【類義】 岐路亡羊多岐亡羊
【対義】
【英語】 In too much dispute truth is lost.(論じすぎると真理が見失われる)
【用例】 「どの道を進むべきか、亡羊の嘆である」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

亡羊の嘆(ぼうようのたん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
亡羊之嘆の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス