惚れた欲目

【読み】 ほれたよくめ
【意味】 惚れた欲目とは、好きになった相手のことなら、何でもひいき目に見てしまうこと。また、欠点さえも長所に思えてしまうこと。

【惚れた欲目の解説】

【注釈】 異性に対する愛する思いは、時として盲目になり、姿や内面が、他人から見れば良くなくても自分にとってはよく見えてくるものであるということ。
【出典】
【注意】
【類義】 愛してその醜を忘る/あばたもえくぼ/屋烏の愛/好いた目からは痘痕も靨/禿が三年目につかぬ/鼻そげも靨/惚れた目には痘痕も靨/面面の楊貴妃
【対義】 親が憎けりゃ子も憎い/坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
【英語】 Love covers many infirmities.(愛は多くの欠点を覆い隠す)
If Jack's in love, he's no judge of Jill's beauty.(ジャックがジルに惚れているなら、彼はジルの美しさを判断できない)
【用例】 「それは惚れた欲目でしょう。彼はそこまでハンサムではないよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス