惚れて通えば千里も一里

【読み】 ほれてかよえばせんりもいちり
【意味】 惚れて通えば千里も一里とは、好きな人のためなら、どんな苦労も苦労にならないというたとえ。

【惚れて通えば千里も一里の解説】

【注釈】 恋人に会いに行くためなら、千里もの遠い道のりでも一里にしか感じないほど、苦にならない。
自分が好きな人のために、自分が好きですることは、どんな苦労も苦に感じないというたとえ。
俗謡の詞では後に「逢わずに戻ればまた千里」と続けて言い、千里もの道のりを歩いて恋人に会いに来ても、恋人が留守だったならまた千里の道を歩いて帰る、という意味。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 Love laughs at distance.(愛には距離など問題にならない)
【用例】 「週に一度の休日に、片道二時間かけてたった数時間のために彼女に会いに行っていたらしいよ。惚れて通えば千里も一里というやつだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス