仏の顔も三度まで

【読み】 ほとけのかおもさんどまで
【意味】 仏の顔も三度までとは、どんなに温厚な人でも、何度も無礼なことをすれば怒り出すことのたとえ。

【仏の顔も三度までの解説】

【注釈】 「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」の略。
慈悲深い仏様といえども、三度も顔を撫で回されたら腹を立てるということから。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 兎も七日なぶれば噛み付く/堪忍袋の緒が切れる/地蔵の顔も三度/仏の顔も日に三度/無理は三度
【対義】
【英語】 The crushed worm will turn.(つままれればミミズも向きを変える)
【用例】 「また約束を破ったのか。仏の顔も三度までというものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス