仏作って魂入れず

【読み】 ほとけつくってたましいいれず
【意味】 仏作って魂入れずとは、いちばん肝心なものが抜け落ちていることのたとえ。

【仏作って魂入れずの解説】

【注釈】 仏像を作っても、作った者が魂を入れなければ、単なる木や石と同じであることから。
転じて、物事は仕上げが最も重要であり、それが欠けたときは作った努力もむだになるということ。
「作って」は「造って」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 画竜点睛を欠く九仞の功を一簣に虧く/仏作って眼を入れず/仏作っても開眼せねば木の切れも同然
【対義】
【英語】 Ploughing the field and forgetting the seeds.(畑を耕して種まきを忘れる)
【用例】 「詩も曲も仕上がったのに、タイトルだけがどうしても思い浮かばない。仏作って魂入れずの状態だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス