判官贔屓

【読み】 ほうがんびいき
【意味】 判官贔屓とは、不遇な人や弱い者に同情し、味方になることのたとえ。

【判官贔屓の解説】

【注釈】 「判官」とは九郎判官源義経のことをさし、兄の頼朝より薄幸であった義経に、同情と賞賛を寄せる傾向が強いことからいう。
「はんがんびいき」とも読む。
【出典】
【注意】 「依怙贔屓」と混同して、気に入った方に肩入れするという意味で使うのは誤り。
誤用例 「兄弟で同じことをしたのに僕だけ叱るなんて、判官贔屓じゃないか」
【類義】 曾我贔屓
【対義】
【英語】
【用例】 「判官贔屓なので、どうしても負けているチームを応援したくなる」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス