臍を噛む

【読み】 ほぞをかむ
【意味】 臍を噛むとは、ひどく後悔すること。どうにもならないことを悔やむことのたとえ。

【臍を噛むの解説】

【注釈】 「臍(ほぞ)」とは、へそのこと。
自分のへそを噛もうとしても口に届かないが、それでも噛もうとするほど残念でいらいらすることから。
春秋時代、祁候の三人の臣が祁候に進言したが、祁候が聞き入れずに言った言葉。
『春秋左氏伝』に「郤国を亡ぼす者は必ず此の人なり。若し早く図らずんば後に君臍を噛まん」とあるのに基づく。
【出典】 『春秋左氏伝』
【注意】 「へそを噛む」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「こんなことになるなら、もっと早くから真面目に勉強しておけば良かった。今となっては臍を噛む思いだよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス