文は人なり

【読み】 ぶんはひとなり
【意味】 文は人なりとは、文章は筆者の思想や人柄が表されている。文章を見れば書き手の人となりが判断できる。

【文は人なりの解説】

【注釈】 フランスの博物学者ビュフォンが、1753年、アカデミーフランセーズの入会演説で言った言葉から。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 The style is the man.(文体はその人の人となりを表す)
【用例】 「文は人なりというから、手紙を書くときは気をつけよう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス