武陵桃源

【読み】 ぶりょうとうげん
【意味】 武陵桃源とは、俗世間から離れた別天地。理想郷

【武陵桃源の解説】

【注釈】 「武陵」は地名。「桃源」は理想郷のこと。
晋の太元のとき、湖南省・武陵の猟師が谷川をさかのぼっているうちに、桃花の林に出た。
さらに進んで水源に至ると、洞窟があり、そこを通り抜けたところに晋の移民が、俗世間を離れて平和に暮らす美しい村があったという故事に基づく。
単に、「桃源」ともいう。
【出典】 『桃花源記』
【注意】 「武陵」も「桃源」も実存する地名であるが、ここでは架空の土地。
【類義】 桃花源/桃源郷/桃源の夢
【対義】
【英語】
【用例】 「その森は、武陵桃源の地であった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス