無沙汰は無事の便り

【読み】 ぶさたはぶじのたより
【意味】 無沙汰は無事の便りとは、何の便りもないことは、無事である証拠なので心配はないということ。

【無沙汰は無事の便りの解説】

【注釈】 「無沙汰」とは、長い間便りや音信をしないこと。
何か変わったことがあれば連絡があるものだから、何もないのは無事であるということから。
【出典】
【注意】
【類義】 便りのないのは良い便り
【対義】
【英語】 No news is good news.(便りがないのはよい便りである)
【用例】 「あまり心配するな、無沙汰は無事の便りだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス