武士は食わねど高楊枝

【読み】 ぶしはくわねどたかようじ
【意味】 武士は食わねど高楊枝とは、たとえ貧しい境遇にあっても、貧しさを表に出さず気位を高く持って生きるべきだということ。また、やせ我慢することのたとえ。

【武士は食わねど高楊枝の解説】

【注釈】 名誉を重んじる武士は、貧しくて食事がとれない時でも満腹を装って爪楊枝を使うことから。
武士の心意気が垣間見れるが、言い換えれば、見栄を張っているとも。
「高楊枝」とは、食後ゆうゆうと爪楊枝を使うという意味。
『上方(京都)いろはかるた』『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 悪木盗泉/内裸でも外錦/渇しても盗泉の水を飲まず鷹は飢えても穂を摘まず/虎は飢えても死したる肉を食わず/熱しても悪木の陰に憩わず
【対義】
【英語】 Better go to bed supperless than rise in debt.(借金を背負って起きているくらいなら、夕飯抜きで寝るほうが良い)
Eagles eat no flies.(ワシはハエを食べない)
【用例】 「私はどんなに生活が苦しい時でも、清潔で真新しい靴と靴下を新調してきた。武士は食わねど高楊枝の精神だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス