豚に真珠

【読み】 ぶたにしんじゅ
【意味】 豚に真珠とは、値打ちがわからない者には、どんなに価値のあるものを与えても意味がなく、むだであることのたとえ。

【豚に真珠の解説】

【注釈】 真珠の価値がわからない豚に真珠を与えたところで、豚にとっては何の役にも立たない。
『新約聖書』マタイ伝・7章6にある「Cast[Throw] not pearls before swine.(真珠を豚に投げ与えてはならない)」に基づく。
【出典】 『新約聖書』マタイ伝・7章6
【注意】 「全然似合わない」という意味で使うのは誤り。
【類義】 犬に小判/犬に念仏猫に経/犬に論語/兎に祭文/牛に経文/牛に麝香/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず馬の耳に念仏/馬の目に銭/猫に石仏/猫に胡桃をあずける/猫に小判豚に念仏猫に経
【対義】
【英語】 Cast[Throw] not pearls before swine.(真珠を豚に投げ与えてはならない)
【用例】 「どんなに立派で綺麗な家に彼女を住ませたって、豚に真珠だよ。彼女は家を大事にしないし、掃除も全くしないのだから」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス