笛吹けども踊らず

【読み】 ふえふけどもおどらず
【意味】 笛吹けども踊らずとは、あれこれと手を尽くして準備をしても、それに応じようとする人がいないというたとえ。

【笛吹けども踊らずの解説】

【注釈】 躍らせようとして笛を吹いても、誰も踊り出さないという意から、人に何かをさせようとしてあれこれと準備を整えても、相手がそれに応じないことをいう。
『新約聖書・マタイ伝・十一章』に「僕たちは君たちのために笛を吹いたのに踊ってくれなかった。葬式の歌を歌ったのに、悲しんでくれなかった」とあるのに基づく。
「笛吹けど踊らず」とも。
【出典】 『新約聖書』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 We have piped unto you,and ye have not danced.(私たちが笛を吹いたのに、あなたたちは踊ってくれなかった)
【用例】 「テキストも計画表も事前に準備万端整えていたのに、生徒たちは一人も講習に参加しなかった。笛吹けども踊らずだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス