不倶戴天

【読み】 ふぐたいてん
【意味】 不倶戴天とは、生かしておけないほどの恨みや憎しみがあること。また、その間柄。

【不倶戴天の解説】

【注釈】 「不倶」は一緒にすることができない、「戴天」は同じ空の下で暮らすことという意味。
一緒にこの世には生きられないということで、それほどに恨みや憎しみが深いこと。
『礼記・典礼上』に「父の仇は、与に共に天を戴かず。兄弟の仇は、兵に反らず。交遊の仇は、国を同じくせず(父の仇とは共にこの世に生きることをせず、どちらかが死ぬまで闘う。兄弟の仇には、兵器を取りに家に行かずその場ですぐ闘う。朋友の仇とは同じ国には住まない)」とあるのに基づく。
本来は、父が殺されたら息子は必ずその仇を討つべきだということを言ったが、のちに殺してもあき足りない相手に使われるようになった。
【出典】 『礼記』
【注意】 「不倶」を「不具」、「戴天」を「載天」と書くのは誤り。
【類義】 意趣遺恨/倶に天を戴かず/不同戴天
【対義】
【英語】
【用例】 「あの男は、自分にとって不倶戴天の敵とも言うべき存在だ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

不倶戴天の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス