河豚は食いたし命は惜しし

【読み】 ふぐはくいたしいのちはおしし
【意味】 河豚は食いたし命は惜ししとは、快楽や利益は得てみたいが、後のたたりが怖くてためらうことのたとえ。

【河豚は食いたし命は惜ししの解説】

【注釈】 美味な河豚は食べたいが、毒に当たって死ぬかもしれないと思うと怖くて手が出ないことから。
【出典】
【注意】
【類義】 痛し痒し/棘の無い薔薇は無い
【対義】
【英語】 Honey is sweet, but the bee stings.(蜜は甘いが蜂が刺す)
【用例】 「そんなうまい儲け話があるのかい。でも、河豚は食いたし命は惜ししだよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス