覆水盆に返らず

【読み】 ふくすいぼんにかえらず
【意味】 覆水盆に返らずとは、いったん離縁した夫婦の仲は元に戻らないことのたとえ。転じて、一度してしまった失敗は取り返しがつかないということのたとえ。

【覆水盆に返らずの解説】

【注釈】 周の太公望は、若い頃貧乏なのに働かず読書ばかりしていたので、妻は愛想を尽かし出て行った。
後に太公望が出世して高位につくと、出て行った妻が復縁を求めてきたが、そのとき太公望は盆の水をこぼして「この水を元に戻せたら復縁に応じよう」と言ったという故事に基づく。
「覆水」とは、こぼれた水のこと。
【出典】 『拾遺記』
【注意】 「覆水盆に帰らず」と書くのは誤り。
【類義】 破鏡重ねて照らさず、落花枝に上り難し/落花枝に返らず、破鏡再び照らさず
【対義】
【英語】 It is no use crying over spilt milk.(こぼれたミルクを嘆いても仕方がない)
Things done cannot be undone.(一度なされた事は元に戻せない)
【用例】 「これから頑張るとかまじめにするとか、今さら誠意を見せても覆水盆に返らずよ。もう遅いわ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

覆水盆に返らずの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス