覆轍

【読み】 ふくてつ
【意味】 覆轍とは、先人の失敗は、後の人の戒めになるということのたとえ。

【覆轍の解説】

【注釈】 先を進む車が転覆するのを見たら、後から行く車はそれを見て同じことにならないよう用心できるという意味から。
『漢書・賈誼伝』にある、前漢の賈誼が文帝に上奏した文で引用した言葉に基づく。
【出典】 『漢書』
【注意】
【類義】 殷鑑遠からず/後車の戒め/前車の覆るは後車の戒め/前車の轍を踏む/前車覆轍/前覆後戒/他山の石他山の石以て玉を攻むべし轍を踏む/人の上見て我が身を思え/人の振り見て我が振り直せ/覆車の戒め
【対義】
【英語】 Happy is he who can take warning from the mishap of others.(他人の災難を戒めととれる人は幸いである)
Better learn from your neighbour's scathe than your own.(自分の損害よりも隣人の損害によって賢くなれ)
Let another's shipwreck be your seamark.(他人の難破船を自身の航路目標にせよ)
【用例】 「覆轍を踏むようなことだけは避けたい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス