文はやりたし書く手は持たぬ

【読み】 ふみはやりたしかくてはもたぬ
【意味】 文はやりたし書く手は持たぬとは、恋文を書きたいが、人に見せられるような文字や文章を書くことができず、代筆を頼むのも恥ずかしいと気をもむ様子。

【文はやりたし書く手は持たぬの解説】

【注釈】 読み書きのできなかった女性がなげいたもの。
「文はやりたし書く手は持たず」とも。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「文はやりたし書く手は持たぬというが、時代が変わって今の女性は積極的だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス