分別過ぐれば愚に返る

【読み】 ふんべつすぐればぐにかえる
【意味】 分別過ぐれば愚に返るとは、あまり深く考えすぎると、かえってつまらない事を考え失敗するということ。

【分別過ぐれば愚に返るの解説】

【注釈】 「分別」とは、物事の是非や損得などをよく考えること。
「分別過ぎれば愚に返る」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 及ばぬは猶過ぎたるに勝れり/薬も過ぎれば毒となる/彩ずる仏の鼻を欠く/過ぎたるは猶及ばざるが如し/名の木も鼻につく/念の過ぐるは無念/礼も過ぎれば無礼になる
【対義】 念には念を入れよ
【英語】 Too much discretion becomes stupidity. (考え過ぎると愚かな考えに行き着く)
【用例】 「分別過ぐれば愚に返るというから、最初に決めた方針で良いのではないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス