踏んだり蹴ったり

【読み】 ふんだりけったり
【意味】 踏んだり蹴ったりとは、重ね重ねひどい目にあうことのたとえ。また、何度もひどい目にあうことのたとえ。

【踏んだり蹴ったりの解説】

【注釈】 踏まれた上に蹴られることから、災難が続いて散々な目にあうことをいう。
「踏まれたり蹴られたり」とするのは誤りで、何故「踏んだり蹴ったり」というのかというと、踏んだり蹴ったりな目にあった当人が踏まれたり蹴られたりするからではなく、踏んだり蹴ったりしては嫌なものをそうしてしまった、ということからだといわれる。
【出典】
【注意】
【類義】 痛い上の針/痛む上に塩を塗る/落ち目に祟り目/鬼は弱り目に乗る/傷口に塩を塗る/こけた上を踏まれる/瘤の上の腫れ物/転べば糞の上/転んだ上を突き飛ばす/損して恥かく/頼む木の下に雨漏る/泣きっ面に蜂/不幸は単独では来ない/痩子に蓮根/病み足に腫れ足/病む目につき目/弱身につけこむ風の神/弱り目に祟り目
【対義】
【英語】 Put not fire to fire.(火に火を加えるな)
【用例】 「妻には愛想を尽かされ、親には勘当され、会社をクビになり、踏んだり蹴ったり殴ったりの人生だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス