刎頸の交わり

【読み】 ふんけいのまじわり
【意味】 刎頸の交わりとは、きわめて親密な付き合いのたとえ。

【刎頸の交わりの解説】

【注釈】 その友人のためなら首をはねられても悔いはないと思うほどの、親しい交わりのこと。
春秋時代、趙の将軍廉頗は、功績により自分より上位になった名臣藺相如を恨んだ。しかし相如は二人が争いにより共倒れになることを懸念し、国のために争いを避けるつもりでいることを聞いた。それを聞いて廉頗は自分の考えを恥じ、深く反省し、相如へわびに出かけて刎頸の交わりを結んだという故事による。
廉頗と藺相如がかたい友情を結ぶまでには紆余曲折があり、素晴らしい友というのは一朝一夕で得られるものではない。
「刎頚」とは、首をはねること。
【出典】 『史記』
【注意】 「刎頚」を「刎刑」と書くのは誤り。
【類義】 魚と水管鮑の交わり金石の交わり/金蘭の契り/膠漆の交わり/心腹の友/水魚の親/水魚の交わり/断金の契り/断金の交わり断琴の交わり莫逆の友/刎頸の友
【対義】
【英語】 A friend in need is a friend indeed.(危急の際の友人こそ本当の友達である)
【用例】 「彼らは学生時代からの付き合いで、喧嘩もたくさんしてきたらしいが、今では刎頸の交わりともいうべきかたい絆で結ばれている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス