粉骨砕身

【読み】 ふんこつさいしん
【意味】 粉骨砕身とは、力の限りを出しきって事に当たることのたとえ。また、骨身を惜しまず一生懸命に働くことのたとえ。

【粉骨砕身の解説】

【注釈】 骨を削って、身を砕くほど努力するという意味から。
「砕身粉骨」「粉身砕骨」「砕骨粉身」ともいう。
【出典】 『禅林類纂』
【注意】 「粉骨砕心」「粉骨細心」「紛骨砕身」などと書くのは誤り。
【類義】 彫心鏤骨/身を粉にする
【対義】
【英語】 To work one's fingers to the bone.(指から骨まで働く)
【用例】 「粉骨砕身して社会のために尽くす」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

粉骨砕身(ふんこつさいしん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
粉骨砕身の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス