夫婦喧嘩は犬も食わない

【読み】 ふうふげんかはいぬもくわない
【意味】 夫婦喧嘩は犬も食わないとは、夫婦喧嘩は、つまらない原因であったり、一時的なものであったりするから、他人が間に入って仲裁したり心配するものではないというたとえ。

【夫婦喧嘩は犬も食わないの解説】

【注釈】 何でも食う犬でさえ見向きもしないという意から、夫婦間の細かい内情などは知りがたいものだし、すぐに元に戻るようなことなのだから、ほうっておけばよいということのたとえ。
「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」「夫婦喧嘩は犬も構わぬ」ともいう。
【出典】
【注意】 「夫婦喧嘩はくだらないことだ」という意で使うのは、本来の使い方ではない。
誤用例 「君は何かと言えば喧嘩をふっかけてくるが、僕はそんな愚かなことに時間を費やしたくないんだよ。夫婦喧嘩は犬も食わないというように」
【類義】 痴話喧嘩は犬も食わぬ/夫婦喧嘩と夏の蕎麦は犬も食わない/夫婦喧嘩と夏の餅は犬も食わぬ
【対義】
【英語】 One shold not interfere in lover's quarrels.(痴話喧嘩は干渉すべきではない)
【用例】 「夫婦喧嘩は犬も食わないって言うから、あの夫婦の相談に乗る必要ないよ。つい先日も離婚すると騒いでいたのに、今週末には二人で旅行へ行くらしいよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス