風樹の嘆

【読み】 ふうじゅのたん
【意味】 風樹の嘆とは、親孝行をしたいと思っても、その頃には親はいなくて孝行できないという嘆きをいうことば。

【風樹の嘆の解説】

【注釈】 「風樹」とは、風邪に吹かれて揺れ動く樹木のこと。
風が吹きやまなければ揺れ動いてしまう樹木のように、どうすることもできないことから。
『韓詩外伝』に「樹静かならんと欲すれども風止まず。子養わんと欲すれども親待たず。往きて見るを得べからざる者は親なり(木が静かにしたいと思っていても、風がやまないのでどうすることもできない。孝行したいと子が思っても親は待ってくれない。あの世に行ってしまえば二度と会えないものは親である)」とあるのに基づく。
「風樹の嘆き」「風木の嘆き」「風樹の悲しみ」とも。
【出典】 『韓詩外伝』
【注意】
【類義】 石に布団は着せられず/樹静かならんと欲すれども風止まず/孝行のしたい時分に親はなし/子養わんと欲すれども親待たず/墓に布団は着せられず
【対義】
【英語】 A good thing is known when it is lost.(良いものは無くして初めてその良さがわかる)
【用例】 「風樹の嘆というが、本当に親がいなくなってから孝行したかった後悔が大きくなるばかりだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス