風する馬牛も相及ばず

【読み】 ふうするばぎゅうもあいおよばず
【意味】 風する馬牛も相及ばずとは、自分とはまったく関係がないこと。また、そういう態度をとること。

【風する馬牛も相及ばずの解説】

【注釈】 「風する」は、発情した獣の雌雄が互いに相手を求める意。
さかりのついた馬や牛の雌雄が互いに求めて呼び合っても、遠く離れていて会えない意味から転じて。
『春秋左氏伝』に「風する馬牛も相及ばず(発情して互いを求め合う馬や牛の雄と雌でも、会えないほど遠く隔たっている)」とあるのに基づく。
「風馬牛も相及ばず」ともいう。
【出典】 『春秋左氏伝』
【注意】
【類義】 風馬牛
【対義】
【英語】
【用例】 「そのニュースを聞いても、彼は風する馬牛も相及ばずといった具合だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス