風前の灯火

【読み】 ふうぜんのともしび
【意味】 風前の灯火とは、物事が危険にさらされているまま、非常に危ないさま。人の命に対してもいう。

【風前の灯火の解説】

【注釈】 風の吹き渡る場所にある灯が今にも消えてしまいそうなことから、非常に心もとない状態をいう。また、はかない寿命のたとえともする。
「風前」とは、風の当たる場所のこと。
【出典】
【注意】 「空前の灯火」というのは誤り。
【類義】 魚の釜中に遊ぶが如し/風口の蝋燭/風の中の灯/風の前の塵/寿命は猶風前の灯燭の如し/風前の灯燭
【対義】
【英語】 A candle flickering before the wind.(風前の灯)
【用例】 「危篤との知らせを聞いて着の身着のまま駆けつけたが、祖父はすでに意識もなく、もはや風前の灯火という状態だった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス