冬来たりなば春遠からじ

【読み】 ふゆきたりなばはるとおからじ
【意味】 冬来たりなば春遠からじとは、今は不幸な状況であっても、じっと耐え忍んでいれば、いずれ幸せが巡ってくるというたとえ。

【冬来たりなば春遠からじの解説】

【注釈】 寒く厳しい冬が来たということは、暖かい春が目の前まで来ているということから。
イギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の一節「If winter comes, can spring be far behind?」に基づく。
「来たりなば」は、文語動詞「来たる」の連用形+文語の完了の助動詞「ぬ」の未然形+接続助詞「ば」で、来たらばという意味。
「遠からじ」は、文語形容詞「遠し」の未然形+文語の打ち消し推量の助動詞「じ」で、遠くはないだろうという意味。
【出典】 シェリー・詩『西風に寄せる歌』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 If winter comes, can spring be far behind?(冬来たりなば春遠からじ)
【用例】 「冬来たりなば春遠からじだ、もう少しの踏ん張れば必ず成功するだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス