意馬心猿

【読み】 いばしんえん
【意味】 意馬心猿とは、心が煩悩や欲望のために働いて、抑えがたいことのたとえ。

【意馬心猿の解説】

【注釈】 乱れ動く心を、奔走する馬と騒ぎ立てる猿にたとえたことば。
『参同契』にある「如し其れ心猿定まらず、意馬四馳すれば、則ち神気外に散乱す」に基づく。
【出典】 『参同契』
【注意】 プラスの意味で使うのは誤り。
誤用例 「意馬心猿と、私の中の情熱が湧いてきた」
【類義】 心猿意馬
【対義】
【英語】
【用例】 「道徳に反することだと頭では理解できていても、意馬心猿の情に自分を律することができなくて、過ちを犯してしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス