一暴十寒

【読み】 いちばくじっかん
【意味】 一暴十寒とは、少しだけ努力して、あとは怠けることが多いたとえ。また、あるところでは努力し、一方でそれを打ち破るたとえ。

【一暴十寒の解説】

【注釈】 「暴」は「曝」と同じく、日にさらして暖める意。
一日だけ日に曝して暖めても、十日は陰で冷やせば何にもならないの意味から。
「一暴」は「いちばく」とも読み、「一曝十寒」とも書く。
「十寒一暴」ともいう。
【出典】 『孟子』
【注意】
【類義】 一日暖めて十日冷やす/一日之を暴して十日之を寒す/蛇稽古三日坊主
【対義】
【英語】
【用例】 「一暴十寒の勉強では何の成果もでない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス