一馬の奔る、一毛の動かざるは無し

【読み】 いちばのはしる、いちもうのうごかざるはなし
【意味】 一馬の奔る一毛の動かざるは無しとは、主な者が行動を起こすと、それに付属しているものも一斉に行動を起こすことのたとえ。

【一馬の奔る一毛の動かざるは無しの解説】

【注釈】 馬が走れば全身の毛が動き、動かない毛はないことから。
『擬連珠』に「一馬の奔る、一毛の動かざるは無し。一舟の覆る、一物として沈まざるは無し」とあるのに基づく。
「奔る」は「走る」とも書く。
【出典】 『擬連珠』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「一馬の奔る、一毛の動かざるは無しで、その部署は急に動き出した」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス