一諾千金

【読み】 いちだくせんきん
【意味】 一諾千金とは、信義が厚く、裏切らないことのたとえ。また、いったん約束をしたことは、千金にも値するほどの重みがあり、守らねばならないということのたとえ。

【一諾千金の解説】

【注釈】 「千金」とは、千両・大金の意。
『史記・季布伝』に「楚人の諺に曰く、黄金百斤を得るは、季布の一諾を得るに如し」とあり、楚の季布は信義厚い任侠として知られ、いったん承知し引き受けたことは必ず守り通し、黄金百斤を得るより、季布の一度の承諾を得るほうが価値があると、楚の人々にいわれたという故事に基づく。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 季布の一諾/千金之諾
【対義】 軽諾寡信/軽諾は必ず信寡し
【英語】
【用例】 「一諾千金だ。約束したからには必ず守る」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス