一度あることは二度ある

【読み】 いちどあることはにどある
【意味】 一度あることは二度あるとは、あることが一度起きると、後でまた同じようなことが起きるものであるということ。

【一度あることは二度あるの解説】

【注釈】 多く、よくないことは続けて起きるものだから注意せよという戒めを込めて使う。
続けて「二度あることは三度ある」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 朝あることは晩にある/一災起これば二災起こる/二度あることは三度ある歴史は繰り返す
【対義】 いつも柳の下に泥鰌は居らぬ三度目の正直柳の下にいつも泥鰌はいない柳の下の泥鰌
【英語】 No chance but comes again.(好機は必ず一度来る)
What has been, may be.(すでにあったことは将来もあるだろう)
【用例】 「一度あることは二度あるというから、交通事故にはくれぐれも気をつけてくれ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス