一期一会

【読み】 いちごいちえ
【意味】 一期一会とは、一生に一度だけ出会うこと。一生に一度の貴重な出会い。

【一期一会の解説】

【注釈】 安土桃山時代、茶人の千利休の弟子である山上宗二が言った「一期に一度の会」という言葉に基づく。
本来は茶道の心得から出た言葉であり、その日の茶会での出会いは一生に一度しかないのだから、それを大切にして誠実な心で人と接するべきだということ。
「一期」は、仏教用語で生まれてから死ぬまでという意味。
「一会」は、主に法要などで一つの集まりや会合のことをいう。
ともに仏教と深い関係がある言葉であると言える。
【出典】 『山上宗二記』茶湯者覚悟十体
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「これも一期一会ですね。今日こうして知り合えたことを幸せに思います」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス