一姫二太郎

【読み】 いちひめにたろう
【意味】 一姫二太郎とは、子供を持つなら、最初に女、次は男というのが理想的だということ。

【一姫二太郎の解説】

【注釈】 女の子は母親の手伝いをするので、最初に女の子、次に男の子の順で子供を作ったほうが育てやすいことから。
多く、最初の子は男の子を望んでいたのに、女の子が生まれてしまったときの慰めの言葉として用いられる。
家の相続を守るのは長男だけという旧民法の時代には、女の子を出産した母親に慰めの意味で使われたともいわれている。
【出典】
【注意】 女一人と男二人の兄弟という意味で使うのは誤り。
誤用例 「一姫二太郎というから、三人目は女の子が良いですね」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「一姫二太郎というから、上は女の子の方が良いよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス