一衣帯水

【読み】 いちいたいすい
【意味】 一衣帯水とは、一筋の細い帯のように長く、狭い川や海峡のこと。二つのものの隔たりが狭く、きわめて近隣していることのたとえ。

【一衣帯水の解説】

【注釈】 「衣帯」は、着物の帯のこと。
『南史』に「陳の後主荒淫なり。我は百姓の父母為り。あに一衣帯水に限られて、これをすくわざるべけんや(君主の跡継ぎは、淫らで残酷だ。私は人民の父母である。陳と一本の帯のような細い川に隔てられているからといって、彼らを救わずにいることがどうして出来ようか)」とあるのに基づく。
【出典】 『南史』
【注意】 区切りは「一衣、帯水」ではなく、「一、衣帯、水」「一、衣帯水」「一衣帯、水」と区切れる語。
【類義】 一葦の水
【対義】
【英語】
【用例】 「一衣帯水の隣国なのに、もっと仲良くできないものか」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス