一字千金

【読み】 いちじせんきん
【意味】 一字千金とは、文章、詩、筆跡などが立派ですぐれていること。

【一字千金の解説】

【注釈】 「千金」とは、千両または大金の意で、一字の価値が千金に相当するほどにすぐれているということから。
『史記・呂不韋伝』にある以下の故事に基づく。
中国・秦の呂不韋が『呂氏春秋』を著したときに、「この文章をたった一字でも添削できる者がいるならば、千金の賞金を与える」と言ったという。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 一言千金/一字百金/一字連城
【対義】
【英語】
【用例】 「この書は一字千金の価値がある」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス