一日の長

【読み】 いちじつのちょう
【意味】 一日の長とは、少し年上であること。また経験や技量が相手より少し優れていること。

【一日の長の解説】

【注釈】 一日だけ先に生まれたという意味から、少し年上であることをいう。
転じて、経験などが一段上であるという意味。
主に謙遜して言うことば。
『論語-先進』には、孔子の言葉として「吾一日長乎爾、亟吾以也(私が君たちより少し年上だからと言って、遠慮してはいけない)」とある。
「一日」は「いちにち」とも読む。
【出典】 『論語』先進
【注意】
【類義】 亀の甲より年の功
【対義】
【英語】 France is a little ahead of Italy in its aircraft industry.( フランスは航空機産業にかけてはイタリアに比べて一日の長がある)
【用例】 「料理に関しては、私があなたより腕前がいいということではないのよ。一日の長があるというだけのこと」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス