一日三秋

【読み】 いちじつさんしゅう
【意味】 一日三秋とは、思慕の情が非常に強いこと。また、ある人や物が早く来て欲しいという情が深いことのたとえ。

【一日三秋の解説】

【注釈】 「三秋」には、秋季の三ヶ月の意味もあるが、ここでの意味は、三度秋を迎えるということから三年。
一日会わなかっただけでも、三年も会わなかったように感じることから。
『詩経』に「一日見ざれば三秋の如し」とあるのに基づく。
「日」は「にち」とも読む。
【出典】 『詩経』
【注意】
【類義】 一日千秋/一刻千秋/三秋の思い
【対義】
【英語】
【用例】 「彼が帰ってくるのを一日三秋の思いで待っている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス